十三参り

 十三参りとは
   十三参り(じゅうさんまいり)とは知恵参り、知恵もらいともいわれ、旧暦の三月十三日(または新暦四月十三日)に、数え年十三歳に成った少年少女が元服を迎え大人と成ったことに感謝して、これから先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩様(こくうぞうぼさつさま)に参詣する行事です。お参りの後、うちに帰るまで振り返ってはいけないとされております。

円東寺では毎年4月13日にこの古式ゆかしいお参りをお受けいたしております。一生に一度の事ですのでぜひお参りください。
※本堂にあがったり、住職がお経をとなえるというものではなく、あくまでお子さんがお参りをするだけの行事です。

※数え年13歳とは、初めての年男、年女に成る子どもの事で、小学校5,6年生がこれにあたります。
(平成25年の場合、巳年生まれ 平成13年1月1日生まれから12月31日生まれの方)
 

 お詣り作法
1、 お寺には必ずご本人がきてください。普段着で結構ですがあまりだらしない恰好は慎んでください。
 
2、 本堂前に用紙と筆を用意しておきますので、そこにこれから自分が生涯大事にしていきたい漢字を一文字書いてください(例:真、誠、愛、心、友など)。用紙を納めたらお賽銭をあげて本堂正面の虚空蔵様の御影をお参りください。
 
3、 お参りがすんだら、境内入口の六地蔵様まで決して振り返らずに、自分が書いた漢字を思いながら参道を歩きます。
 
 これでおしまいです。ここから先は振り返って構いません。車に気をつけて帰りましょう

i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i
i