学校へ行かない子どもたちの親カフェ

 

盲目的には、権力に従わず
みんなが同じことをすることに、疑いをもち
不正を、認めることができず
なあなあの、薄っぺらい付き合いをしたいと思わず
いじめや、それを見て見ぬふりを許せない

いやなことが、人よりはるかに、いやだと思える敏感さを内に秘める

そんな、豊かな感受性を備えたお子さんをお持ちの親御さんたちへ


 現在、日本の小・中学校には、十二万人の不登校児童がおり、およそ一クラスに一人の割合です。なお、これはあくまで年間30日以上欠席している子の数です。朝や放課後、職員室に少しでも顔を出せば欠席扱いにはならないし、教室に入らない保健室登校や、流山なら生涯学習センター内の教育支援センター(フレンドステーション)に行けば、やはり欠席になりません。それらの子たち、あるいは行きたくないと思っている子たちをあわせると、とても看過できない数に膨れ上がります


 学校に行きたくない、行けない、ということの原因は多岐にわたり、抜本的な解決は、個々人では難しく、子どもたちの小さな胸は張り裂けんばかりに苦しめられています


 また、これは子どもたちだけでの問題でなく、親御さんや家族は、誰にも相談できず、やっと相談できたとしても、なぜか、距離を置かれてしまったりと、非常に辛い気持ちを抱えて、悩んでおります


さらに、大好きなお父さんお母さんを悩ませている原因が、自分にあると分かると、子どもたちがさらに辛くなる、という負のスパイラルに陥りかねません


 まずは、安心できる場に、親御さん同士が集まり、お互いにつらい心情を吐露し合い、情報の交換などを行い、元気になっておうちに帰ってもらいたい、そのような思いで、親カフェを不定期(年3回程度)で開いております


 ここにくれば、同じように悩む仲間に会え、明日へのヒントが見つかります。一人で抱え込まず、どうぞお気軽にご参加ください

平成29年12月記


 

親カフェについて

 お子さんが学校に行かない、元気が無い、などの悩みを抱えている親御さん同士の茶話会です。同じ体験をされている方々が、お互いの不安や、つらい気持ちを、安心して話せる場にいたします(部外者の見学は不可とさせていただきます)

 簡単な説明のあと、グループに分かれて、自由にお話をしていただきます。お一人でも、安心して、お話をしていただけますよう、充分な配慮を心掛けております。親御さんが、家を出るときよりも、ちょっと元気になって、おうちに帰れることを目指した会です

  • 日 時  年に数回、平日10時~12時※ブログ、フェスブック等で告知しております
    ※人数によっては、グループに分かれますので、なるべく10時までにお越しください
  • これまでの親カフェ
  • ◆平成31年 1月14日
    ◆平成30年 1月19日、4月27日、9月10日
    ◆平成29年 1月12日、4月20日、9月26日
    ◆平成28年 7月18日、9月13日
  • 場 所   円東寺(流山おおたかの森駅から徒歩13分) 駐車場有   
         住所:流山市市野谷(いちのや)563-1 電話:04-7150-1313
         アクセスはこちら
  • 申 込   机や座布団、お菓子などを準備する都合で、なるべく当日朝までに
    電話やメールでお申し込みください もちろん、いきなり来ていただいても構いません
  • 対 象   不登校や行き渋りのお子さんをお持ちのお父さま、お母さま
  • 参加費  300円(お茶とお菓子代として)

 

  次回は 令和 4年 9月27日 です

 


『不登校親子応援ガイドマップ』【千葉県北西部・2014年版、2019年版】
※不登校の子どもたち・閉じこもりがちな青年とその家族を応援するガイドブック

 A4サイズで78ページ。千葉県北西部(野田、流山、柏、我孫子、松戸、鎌ヶ谷、印西、市川、浦安、船橋、そして、千葉市と茨城県取手市)にある、民間・公的計42の支援団体と、つどいの紹介、不登校経験者の手記などが載っています

 子どもが突然不登校になっても、いったいどこに相談に行ったらよいのかすら分かりません。真っ暗闇の中にいるような気持ちを抱え、一人で悩むことの無いよう、ぜひこの冊子を手に取っていただきたいと思います。

 そして困っている人同士、まずは繋がりましょう

(希望者に円東寺で貸し出しております)


【お問い合わせ】