東日本大震災慰霊・復興祈念

立木観音菩薩像


円東寺境内の樹齢四百年の公孫樹(イチョウ)が、千葉県区画整理事業のため伐採されることになりました。この大樹を後世に残すため、檀信徒が一丸となって運動を興し、大勢のボランティアの方々と共に、東日本大震災慰霊のための立木(根がついたまま彫りすすめる)の仏像造立を発願いたしました。

すべての求める方々を慈悲の心で救ってくださる御仏であること、また平成23年(2011)3月11日という日を忘れないために、十一という数字、その両方の意味を込め、刻むのは十一面観世音菩薩様と定めました。このページはその造立の記録です。


◆平成25年
これまで風雪に耐え、地域を見守り続けたイチョウに対し、報恩謝徳の法要を営みました(平成25年11月16日) 
   
畠山誠之仏師と円東寺住職によるノミ入れ 
   

 
重機による伐採(平成25年12月2日~3日) 
   
   
   

 
大勢の方々に一ノミ入れてもらいました。自分で削りとったイチョウの木片は記念にお持ち帰りいただきました。 
   
ときには、大勢の見学も   
   

◆平成26年
   
   
   
   
   
   
   
   

◆平成27年
   
   
   
   
   
   
   
   

◆平成28年
   
   
2月22日  右脇が貫通しました
   
   
   
   
   

i
i
i
i
i
i
i
i
i
i